インドネシア語会話 ミニ・レストラン 


f0267058_11280316.jpeg

娘が案内してくれたのは、ロブスターが安くて美味しいことで有名な、クタにあるシーフードの店『ミニ・レストラン』でした。席に着くてウエイターに、

"Saya mau pesan Lobster !"
サヤ マウ プサン ロブスタル
「ロブスターを注文します」

と、言うとウエイターが『見に来い』というアクションをしました。ついて行くと、ケースに入っている活けの海老を選ばせるサービスのようでした。黙っていると、ウエイターが一匹の大きなロブスターを指しました。

"Tidak, tidak. Minta yang lebih kecil”
ティダッ ティダッ.  ミンタ ヤン ルビ クチール
「ノウ、ノウ。もっと小さいのをください」

娘が二番目に大きいものを指して、
"Ini ini"
イニ イニ
「これ、これ」

"Hebat ! Besar sekali."
ヘバッ ブサール スカリ
「すごいわね、すごく大きいのね」

しばらく二人とも南国の料理に舌鼓を打ちました。食事が終わって、私は店の中央あたりにあるレジに支払いに行きました。そして思わず、

"Lobsternya enak sekali."
ロブスタルニャ エナッ スカリ
「ロブスターが美味しかった」

と、タナ・ロットのレストランで教えてもらったインドネシア語を使いました。


インドネシア語の意味
pesan   注文する 伝言する
lobster   ロブスター
lebih    より〜である
hebat   すごい 烈しい
besar   大きい
sekali   とても

[PR]
by jepunsari | 2015-02-08 13:47 | インドネシア語