プリアタン村のワルン(食堂)

f0267058_17165432.jpg
長い間お客さんがいなかった部屋に学生さんが来てくれました。
この宿は大学の施設なのですが、爆弾テロ以来ほとんど使われていなかったのです。
その間ウブドもすっかり変わり、地元の味が楽しめるワルンが姿を消しつつあります。


我が家はウブドの隣のプリアタンにあります。
近くにはマンガマドゥとワルンミナいうレストランがあり、
比較的良心的な料金でインドネシア料理が楽しめます。

f0267058_12461296.jpg
大衆食堂(ワルン・マカン)にはなぜかセデルハナ(簡素な)という店が多い。


プリアタン大通り沿いはワルンしかないし(なぜかレストランはない)
もう一本ウブドよりのテベサヤ(スクマ通り)にもワルンがいっぱい。
ローカルフードを目指して来る人は、
プリアタン辺りの宿がうってつけなんじゃないかと。。

f0267058_13224210.jpg
テベサヤにあるバリ人がやっているナシ・チャンプールのワルン。


そもそもローカルフードが好きな人にはブレックファストは必要ないかも。。
食事の回数の三分の一をパン食なんてつまらないし、
近所のワルン(雑貨屋)で売っているナシ・ブンクスは3千5百ルピア、
市場に行けばおかゆ、お菓子、ご飯、ローカルフードが安価で揃ってます。
f0267058_12455813.jpg
ウブド市場のジャジャバリ(バリ風お菓子)2〜3千ルピアで取り混ぜて包んでくれる。


朝食代をカットしてワルンや市場へ行った方が安上がり。
もっとバリのローカルな味を楽しんで欲しいと思います。






[PR]
by jepunsari | 2014-11-06 17:30 | レストラン/ワルン