インドネシア語会話 バティックの店

バティックの店 (TOKO BATIK)

インドネシアのバティック(ろうけつ染め)は素晴らしいので、是非お土産にしたいものです。生地屋で、スカーフを買ってみましょう。バリの価格の二重性を頭に置きながら、値段の交渉をしてみるのも楽しいです。

f0267058_11051240.jpg
Batik Pekalongan


" Ini berapa harganya ? "
 イニ  ブラパ ハルガニャ ?
「これはいくらですか?」

" Lima dolar. "
 リマ  ドラール
「5ドルです」

" Saya mau lima. Berapa ? "
 サヤ  マウ  リマ   ブラパ?
「5枚ではいくらですか?」

" Duapuluh Satu dolar."
 ドゥアプル  サトゥ  ドラール
「21ドルです」

" Ya. Saya minta lima,"
 ヤ   サヤ  ミンタ  リマ
「では、5枚下さい」

" Ini tigapuluh dolar. Minta kembalinya. "
 イニ  ティガプル  ドラール   ミンタ  クンバリニャ
「30ドルあります。おつりを下さい」

" Ini kembalinya. "
 イニ  クンバリニャ
「おつりです」

" Terima kasih. "
 トゥリマ  カシ
「ありがとう」


インドネシア語の意味
Harga   価格 値段
      harganya その価格と言う意味
minta   ください 要求する
kembali  本来は”戻る”という意味
      おつりは、uang kembali


観光コースでのバティック屋はトーパティにアートショップがあります。
高いので買う必要はないですが、高級バティックは見るだけでも楽しいので、
目の保養に立ち寄ってみるのもいいかもしれません。JJS


[PR]
by jepunsari | 2014-05-23 11:29 | インドネシア語