ニュピの夜


昨日は静寂の日と呼ばれるバリのサカ暦の新年 ”ニュピ”

火を使う、外出する、仕事する、楽しむ事を1日禁じられます。


Catur Brata Penyepian  ニュピの4つの禁

 Amari Geni   火を使わない

   Amati Karya 働かない

   Amati Lelungan 外出しない

   Amati Lelanguan  楽しまない


夜、ご飯を食べるときだけは灯りをともしてもいいのですが、

その後はすべての灯りを消します。

島中が真っ暗なので星がよく見えました。

いつもは見えない天の川も見えていました。



初めてバリに来た83年の夏、みんなでよく夜の海岸に行きました。

海岸は真っ暗で、満天の星、絵に描いたような天の川を見る事ができたのです。

海岸にたどり着くまでの道にも灯りがなく、懐中電灯は必需品。

大きな懐中電灯を照らせばスターウォーズのライトセイバーのように

すーっと光が一本にのびてみえて、みなでスターウォーズごっこをしたものです。

f0267058_14160359.jpg

誰もいない海〜 85年のクタビーチ



今ではこのウブドでも天の川は見えません。

島中の灯りが消えれば、うっすらと見える程度です。



ニュピの夜

1年に1度自分を振り返りリセットする日でありました。



[PR]
by jepunsari | 2014-04-01 14:27 | バリ 今と昔