インドネシア語の母音

インドネシア語には、二重母音や二重子音など、日本語にない約束事もあるようです。
おいおい勉強いたしましょう。

〔母音〕

a  apa ( アパ )・・・・ 何
    
e   enak ( エナック )・・・・ おいしい
     
     発音 エ 辞書には é のように表記してあります

e  besar(ブサール)・・・・ 大きい
      
    発音 ウとエの中間

i    itu ( イトゥ )・・・・それ
     
o   orang ( オラン )・・・・人

u   udang (ウダン) ・・・・えび
    

インドネシア語の母音の発音は、だいたいローマ字読みをすればいいと思います。
気を付けないといけないのは e の発音。
エ という発音と  に近い発音があります。
発音の区別は、辞書などには書いてありますが、普通は書いていないので覚えるしかありません。
辞書に é と記載されていればエの発音です。
例えば、 ekor ( エコール ) besok (ベソッ )
それ以外は ke (ク ) のように軽くウと発音します。

注意してほしいのは、エよりもウの発音のする方が圧倒的に多いです。

それでは u はどういう発音かというと、唇を出してウーと長めに発音して、 
e と区別します。



f0267058_17292666.jpg


〔二重母音〕

ai ( アイ )
mulai ( ムライ )・・・・ 始める
sampai ( サンパイ )・・・・ 到着する 〜まで
   
au ( アウ )
pulau ( プラウ )・・・・ 島

oi ( オイ )
amboi ( アンボイ )・・・・ 感嘆詞

            バリを旅するインドネシア語学習ノートより
[PR]
by jepunsari | 2013-06-19 17:35 | インドネシア語