バリ旅行に役立つインドネシア語学習。 80年代の懐かしいバリの思い出を綴ります。


by nenek yoshimi & jepunsari
私の初歩の初歩、本当に少しの「インドネシア語」紹介のバリの旅は如何でしたでしょうか?

平成15年2月に書きはじめた文が、何と五年も経ってしまいました。人生いろいろなことがある証拠です。

 私がまごまごして完成できないでいるうちに、平成17年にNHKテレビでは「アジア語楽紀行 バリ・旅するインドネシア語」と題して素敵な語学放送を始めました。魅力的な出演者は、放送の案内役としてのバリのプリアタン『ティルタ サリ』の舞姫グスティ アユ スリ ユリアティさんです。
 このテレビ番組は5分間学習でしたが、とてもよかったと思います。興味を持たれた方が多いのではないかと思います。どこの国の言葉でもいいと思います。イ-デス ハンソンさんじゃないですが、一か国語でもカタコトが話せるのは、素敵じゃありませんか。ただし相手との間隔も大切です。誰でもが、理解する情をもってくれるとは限りませんから……。神に祈りながら他国で、その国の言葉を役立ててみましょう。

 この本の土台は、初めてのバリ旅行(1985年)の様子を小説もどきで書いた「旅の初歩の初歩 亜紀子と彩英子のバリ島ジャラン ジャラン」です。それからの抜粋ですが、長い間そのままになっておりました。このノ-トが、ようやく完成に向かう気持ちとなった背景には、その原本を「懐かしのバリ 一九八五年」と題して、抜粋版を作るという目的を、昨年から今年にかけて達したからでした。20年前のバリであるが故に何か同感されるところがありはしまいか? いささか手前味噌ですが、このエピソ-ドは尊いという思いが助けとなって、長い物語から抜粋しました。実を言うと、日本語版の方がなかなか手つかずで、このインドネシア語学習ノ-トの方が先にスタ-トして殆ど入力してありましたが、これもストップ状態にありましたので、日本語の方が先に誕生することになりました。

 インドネシア語の翻訳については、次女が結構量のある抜き書きから、会話の部分を丁寧にインドネシア語の会話と発音を書き込んでくれました。また構成についても原本を写しとるのでなく、一つの方向性を持つよう指導してくれました。雑然としていたものが整理されました。非常に面倒なことを、よくやってくれたと感謝しています。思った時に始めることは大切です。老いは自分が思うより早く迫ってきます。本の誕生で、もう忘れてしまったインドネシア語を、もう一度私も勉強したいと思います。
 
インドネシア語学習の本は今までも沢山出版されておりますが、昨年(2008年)の1月に発行された理想的な本をご紹介しましょう。全く唸りました。

 題名 
「インドネシア行き飛行機の中で読む、インドネシア語とそこに住む人々の話」
 著者は、橋 廣治氏
 発行所は株式会社近代文芸社

 是非お読みいただきたいと思います。

 いろいろご趣味をお持ちでおられると思いますが、楽しみの一つに、インドネシアご学習をお選びくださる火付け役になることができれば嬉しく思います。

 終わりにあたり、個人的なことで恐縮でございますが、私の長文の小説もどきの作品とも言えないような旅の記録を、がらりと構成替えをしてまとめてくれた上に、面倒な訳と、「役に立つインドネシア語の表現」など、大切なコ-ナ-をつくりだしてくれた次女に感謝することを、お許しくださいますよう願い上げます。

 バリの神様に「本当に有難うございました」とお礼申しあげ、旅で出会った多くのバリの方々、そしてこの本をお読みくださった方々に、厚く御礼申し上げます。


f0267058_15302798.jpg
  2009年4月30日   
    ネネッ好美


                   












[PR]
# by jepunsari | 2015-07-21 15:33