バリ旅行に役立つインドネシア語学習。 80年代の懐かしいバリの思い出を綴ります。


by nenek yoshimi & jepunsari

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私の初歩の初歩、本当に少しの「インドネシア語」紹介のバリの旅は如何でしたでしょうか?

平成15年2月に書きはじめた文が、何と五年も経ってしまいました。人生いろいろなことがある証拠です。

 私がまごまごして完成できないでいるうちに、平成17年にNHKテレビでは「アジア語楽紀行 バリ・旅するインドネシア語」と題して素敵な語学放送を始めました。魅力的な出演者は、放送の案内役としてのバリのプリアタン『ティルタ サリ』の舞姫グスティ アユ スリ ユリアティさんです。
 このテレビ番組は5分間学習でしたが、とてもよかったと思います。興味を持たれた方が多いのではないかと思います。どこの国の言葉でもいいと思います。イ-デス ハンソンさんじゃないですが、一か国語でもカタコトが話せるのは、素敵じゃありませんか。ただし相手との間隔も大切です。誰でもが、理解する情をもってくれるとは限りませんから……。神に祈りながら他国で、その国の言葉を役立ててみましょう。

 この本の土台は、初めてのバリ旅行(1985年)の様子を小説もどきで書いた「旅の初歩の初歩 亜紀子と彩英子のバリ島ジャラン ジャラン」です。それからの抜粋ですが、長い間そのままになっておりました。このノ-トが、ようやく完成に向かう気持ちとなった背景には、その原本を「懐かしのバリ 一九八五年」と題して、抜粋版を作るという目的を、昨年から今年にかけて達したからでした。20年前のバリであるが故に何か同感されるところがありはしまいか? いささか手前味噌ですが、このエピソ-ドは尊いという思いが助けとなって、長い物語から抜粋しました。実を言うと、日本語版の方がなかなか手つかずで、このインドネシア語学習ノ-トの方が先にスタ-トして殆ど入力してありましたが、これもストップ状態にありましたので、日本語の方が先に誕生することになりました。

 インドネシア語の翻訳については、次女が結構量のある抜き書きから、会話の部分を丁寧にインドネシア語の会話と発音を書き込んでくれました。また構成についても原本を写しとるのでなく、一つの方向性を持つよう指導してくれました。雑然としていたものが整理されました。非常に面倒なことを、よくやってくれたと感謝しています。思った時に始めることは大切です。老いは自分が思うより早く迫ってきます。本の誕生で、もう忘れてしまったインドネシア語を、もう一度私も勉強したいと思います。
 
インドネシア語学習の本は今までも沢山出版されておりますが、昨年(2008年)の1月に発行された理想的な本をご紹介しましょう。全く唸りました。

 題名 
「インドネシア行き飛行機の中で読む、インドネシア語とそこに住む人々の話」
 著者は、橋 廣治氏
 発行所は株式会社近代文芸社

 是非お読みいただきたいと思います。

 いろいろご趣味をお持ちでおられると思いますが、楽しみの一つに、インドネシアご学習をお選びくださる火付け役になることができれば嬉しく思います。

 終わりにあたり、個人的なことで恐縮でございますが、私の長文の小説もどきの作品とも言えないような旅の記録を、がらりと構成替えをしてまとめてくれた上に、面倒な訳と、「役に立つインドネシア語の表現」など、大切なコ-ナ-をつくりだしてくれた次女に感謝することを、お許しくださいますよう願い上げます。

 バリの神様に「本当に有難うございました」とお礼申しあげ、旅で出会った多くのバリの方々、そしてこの本をお読みくださった方々に、厚く御礼申し上げます。


f0267058_15302798.jpg
  2009年4月30日   
    ネネッ好美


                   












[PR]
by jepunsari | 2015-07-21 15:33

ジュプンのためいき

f0267058_12455089.jpg
母が書いたインドネシア学習ノートもあと少しでアップ完了。
長い時間がかかったけれど、ようやく終わるかと思うと、
肩の荷がおりたような安堵の気持ちにひたっていたのに‥‥


母から新しい本が送られてきた。。。
f0267058_11581624.jpg
これ。

乗りかかった舟。(わかったよ、続ければいいんでしょ‥)


と言う訳で学習ノートの後は、その元ネタの話アップします。
どうぞ、今後もおつきあいください。




[PR]
by jepunsari | 2015-07-20 12:01 | jepun のつぶやき

f0267058_12310544.jpg
ムラティはインドネシアの国花、ジャスミンの花です


ボーイさんがやって来ましたので、彼に尋ねてみました。


“Di mana saya bisa lihat bunga melati ? ”

 ディ マナ  サヤ  ビサ  リハット  ブガ ムラティ

「どこでムラティの花を見ることができますか?」


“Di desa saya ada.

 ディ デサ サヤ アダ 

 Pasti bisa lihat di daerah pegunungan. ”

 パスティ ビサ リハット ディ ダエラ プグヌンガン

「僕の村にあります。山の方に行けばきっと見られます」


“Sayang, hari ini kami pulang ke Jepang. ”

 サヤン   ハリ イニ   カミ プーラン ク ジュパン

「残念ですね。今日、東京へ帰ります」


“Mudah- mudahan suatu hari nanti saya bisa ke sana. ”

 ムダムダハン    スアトゥ ハリ ナンティ   サヤ  ビサ ク  サナ

「いつか、そこへ行けるといいですね」


暫くすると、ホテルのマネージャーが来たので、質問しました。


“Berapa penduduk di Bali ? ”

 ブラパ プンドゥドゥッ  ディ  バリ

「バリの人口はどのくらいですか?」


“Kira-kira dua juta lima ratus ribu jiwa.”

 キラ キラ ドゥア  ジュタ リマ ラトゥス リブ ジワ

「およそ、二百五十万人です」


それから、彼が質問してきたことに私は驚きました。


“Apa pekerjaan anda ?

 アパ プクルジャアン アンダ

「あなたは何の仕事をしていますか?」


“Saya produser film. Anak saya pelukis.”

 サヤ プロデュサー フィルム  アナッ サヤ プルキス

「私は、映画のプロデューサーでした。私の娘は画家です」




インドネシア語の意味

di mana     どこで

desa       

daerah     地方

pegunungan   山岳地方 (語源はgunung=山)

sayang     残念だ/愛する

mudah      容易な

 mudah- mudahan ~だとよいです

nanti      後で

penduduk    住民

pekerjaan    仕事 (語源kerja= 働く

pelukis     画家  (語源はlukis= 絵を描く)



[PR]
by jepunsari | 2015-07-19 19:20 | インドネシア語


f0267058_08292259.jpg
名前を尋ねる時は SIAPA を使います。誰という単語です。


Siapa nama anda ?    あなたの名前は何ですか?

Siapa namanya ?    名前は何ですか?
             (その人の名前は?という意味でも使えます)

Siapa nama ibu anda ?  お母さんの名前は何ですか?

Siapa pacar kamu ?    君の恋人は誰?

返事は以下の通り。

Nama saya Wayan.    私の名前はワヤンです。
Saya Made.        私はマデです。
Nama ibu saya Nyoman.  私の母はニョマンです。
Pacar saya Ketut.     私の恋人はクトゥットです。

 Saya tidak punya pacar.....  恋人いないです( jombloでもok )



[PR]
by jepunsari | 2015-07-19 18:48 | インドネシア語

クバヤ変遷

もうすぐガルンガン、バリの人はこの祭礼に合わせて
新しいクバヤやカインを新調する事が多いです。
お店に行ってみましたが、最近の流行にはついていけない感じ‥
f0267058_16201631.jpg
初めてクバヤを着たのは、ある結婚式の時。
友達のバグースが「義兄が日本人と結婚するから見に来なさい。クバヤは持ってる?」
持っていないと答えると、彼が作ってくれるという。


クバヤとはバリの女性の民族衣装で、ジャワ風のブラウスのこと。
80年代のクバヤの流行と言えば花柄のレーヨン、
スタイルもカルティニか前に胸当てがあるタイプしかありませんでした。
f0267058_18182621.jpg
オールドファッション、アンティークのクバヤ

その後、レーヨンは姿を消し、レースが流行り、
今流行の刺繍がある布、ビーズが縫い付けてある布、手描きの花の布とか
スタイルも襟なしタイプ、後ろあきタイプ、
袖は長袖が七分袖に、そして半袖に、、、書いたらきりがない。
f0267058_16265221.jpg
くるみボタンのカルティニスタイル、レーヨン生地。


バグースが作ってくれたクバヤは深いグリーンの無地。
『誰かに何処で買ったかきかれたら、市場で買ったと答えるんだよ』
と彼に釘をさされたのでした。

結婚式当日、慣れないクバヤとバティックでよちよち歩いていると、
まわりの子供に ”BEBEK”(あひる)とはやし立てられ‥

するとある女性が、「素敵なクバヤね、何処で買ったの?」
と訊いてくるではありませんか!
なんと、それはバグースの奥様でした。。。。。

[PR]
by jepunsari | 2015-07-06 18:23 | jepun のつぶやき
f0267058_13072047.jpg
Boleh は、〜してもいいですかという意味です。
何か許可を得る時に使います。

Boleh saya duduk ?    座ってもいいですか?

Boleh saya merokok ?   煙草を吸ってもいいですか?

Boleh saya coba ?     試してもいいですか?

Boleh saya masuk ?    入ってもいいですか?

Boleh saya ambil photo ?  写真を撮ってもいいですか?
(motret)

返事はOKなら、Boleh 又は Silakan (どうぞ)
駄目なら、Tidak



[PR]
by jepunsari | 2015-07-04 13:20 | インドネシア語

f0267058_10513016.jpg


“Saya mengerti bahasa Indonesia.

 サヤ ムングルティ バハサ  インドネシア

Tapi gambar ini tidak mengerti.

 タピ ガンバール イニ ティダ ムングルティ

「私はインドネシア語は分かるけれど、この絵は分かりません」


“Ini tulisan Jepang.”

 イニ トゥリサン  ジュパン

「これは日本の文字です」


“Saya datang dari Hamburg.”

 サヤ ダタン ダリ ハンブルグ

「サヤ ダタン ダリ ハンブルグ」

(私はハンブルグから来ました)


“Orang Jerman ? ”

 オラン  ジェルマン

「ドイツ人?」


“Siapa nama anda ? ”

 シアパ ナマ アンダ

「あなたの名前は?」


“Nama saya K.”

 ナマ サヤ ケイ

「名前はKです」


ドイツ人は立ち上がって、別れの挨拶をしました。

“Selamat. Tinggal.

スラマッ ティンガル

「さよなら」


“Selamat jalan.”

 スラマッ  ジャラン

「さよなら」




インドネシア語の意味


 

mengerti わかる、 理解する(語根はarti)

gambar 絵、図

tapi       しかし

orang  

tulisan  文字




[PR]
by jepunsari | 2015-07-01 10:59 | インドネシア語