バリ旅行に役立つインドネシア語学習。 80年代の懐かしいバリの思い出を綴ります。


by nenek yoshimi & jepunsari

カテゴリ:インドネシア語( 61 )

f0267058_12310544.jpg
ムラティはインドネシアの国花、ジャスミンの花です


ボーイさんがやって来ましたので、彼に尋ねてみました。


“Di mana saya bisa lihat bunga melati ? ”

 ディ マナ  サヤ  ビサ  リハット  ブガ ムラティ

「どこでムラティの花を見ることができますか?」


“Di desa saya ada.

 ディ デサ サヤ アダ 

 Pasti bisa lihat di daerah pegunungan. ”

 パスティ ビサ リハット ディ ダエラ プグヌンガン

「僕の村にあります。山の方に行けばきっと見られます」


“Sayang, hari ini kami pulang ke Jepang. ”

 サヤン   ハリ イニ   カミ プーラン ク ジュパン

「残念ですね。今日、東京へ帰ります」


“Mudah- mudahan suatu hari nanti saya bisa ke sana. ”

 ムダムダハン    スアトゥ ハリ ナンティ   サヤ  ビサ ク  サナ

「いつか、そこへ行けるといいですね」


暫くすると、ホテルのマネージャーが来たので、質問しました。


“Berapa penduduk di Bali ? ”

 ブラパ プンドゥドゥッ  ディ  バリ

「バリの人口はどのくらいですか?」


“Kira-kira dua juta lima ratus ribu jiwa.”

 キラ キラ ドゥア  ジュタ リマ ラトゥス リブ ジワ

「およそ、二百五十万人です」


それから、彼が質問してきたことに私は驚きました。


“Apa pekerjaan anda ?

 アパ プクルジャアン アンダ

「あなたは何の仕事をしていますか?」


“Saya produser film. Anak saya pelukis.”

 サヤ プロデュサー フィルム  アナッ サヤ プルキス

「私は、映画のプロデューサーでした。私の娘は画家です」




インドネシア語の意味

di mana     どこで

desa       

daerah     地方

pegunungan   山岳地方 (語源はgunung=山)

sayang     残念だ/愛する

mudah      容易な

 mudah- mudahan ~だとよいです

nanti      後で

penduduk    住民

pekerjaan    仕事 (語源kerja= 働く

pelukis     画家  (語源はlukis= 絵を描く)



[PR]
by jepunsari | 2015-07-19 19:20 | インドネシア語


f0267058_08292259.jpg
名前を尋ねる時は SIAPA を使います。誰という単語です。


Siapa nama anda ?    あなたの名前は何ですか?

Siapa namanya ?    名前は何ですか?
             (その人の名前は?という意味でも使えます)

Siapa nama ibu anda ?  お母さんの名前は何ですか?

Siapa pacar kamu ?    君の恋人は誰?

返事は以下の通り。

Nama saya Wayan.    私の名前はワヤンです。
Saya Made.        私はマデです。
Nama ibu saya Nyoman.  私の母はニョマンです。
Pacar saya Ketut.     私の恋人はクトゥットです。

 Saya tidak punya pacar.....  恋人いないです( jombloでもok )



[PR]
by jepunsari | 2015-07-19 18:48 | インドネシア語
f0267058_13072047.jpg
Boleh は、〜してもいいですかという意味です。
何か許可を得る時に使います。

Boleh saya duduk ?    座ってもいいですか?

Boleh saya merokok ?   煙草を吸ってもいいですか?

Boleh saya coba ?     試してもいいですか?

Boleh saya masuk ?    入ってもいいですか?

Boleh saya ambil photo ?  写真を撮ってもいいですか?
(motret)

返事はOKなら、Boleh 又は Silakan (どうぞ)
駄目なら、Tidak



[PR]
by jepunsari | 2015-07-04 13:20 | インドネシア語

f0267058_10513016.jpg


“Saya mengerti bahasa Indonesia.

 サヤ ムングルティ バハサ  インドネシア

Tapi gambar ini tidak mengerti.

 タピ ガンバール イニ ティダ ムングルティ

「私はインドネシア語は分かるけれど、この絵は分かりません」


“Ini tulisan Jepang.”

 イニ トゥリサン  ジュパン

「これは日本の文字です」


“Saya datang dari Hamburg.”

 サヤ ダタン ダリ ハンブルグ

「サヤ ダタン ダリ ハンブルグ」

(私はハンブルグから来ました)


“Orang Jerman ? ”

 オラン  ジェルマン

「ドイツ人?」


“Siapa nama anda ? ”

 シアパ ナマ アンダ

「あなたの名前は?」


“Nama saya K.”

 ナマ サヤ ケイ

「名前はKです」


ドイツ人は立ち上がって、別れの挨拶をしました。

“Selamat. Tinggal.

スラマッ ティンガル

「さよなら」


“Selamat jalan.”

 スラマッ  ジャラン

「さよなら」




インドネシア語の意味


 

mengerti わかる、 理解する(語根はarti)

gambar 絵、図

tapi       しかし

orang  

tulisan  文字




[PR]
by jepunsari | 2015-07-01 10:59 | インドネシア語
f0267058_17494256.jpg
suka
は好きという意味です。
これは日本人には覚えやすいと思います。

Saya suka kucing.    私は猫が好きです

Saya suka kopi       私はコーヒーが好きです

Saya suka kamu.     私はあなたが好きです

Saya suka indomie    私はインドミーが好きです
というコマーシャルもありますよね♡

動詞を続ける事もできます
Saya suka main game.  私はゲームで遊ぶのが好きです

Saya suka nonton film.   私は映画を見るのが好きです


同じようなニュアンスで使われるのにsenang があります。
senang は好む、嬉しい、楽しい、満足、気に入るという意味ですが
”〜が好き”としても使えます。

[PR]
by jepunsari | 2015-06-14 17:58 | インドネシア語

f0267058_13005691.jpg
クタのドゥ・ドロップ・インというレストランにいた時の事です。娘がインドネシア語の会話帳を見ていますと、白人が会話帳をのぞきこんでいました。


"Apa ini ?"

アパ イニ?

「これは何ですか?」


"Buku bahasa Indonesia."

ブク バハサ インドネシア

「インドネシア語の本です」


”Bisa bahasa Indonesia ?”

ビサ バハサ インドネシア?

「インドネシア語ができますか?」


”Sedikit.”

スディキット

「少しだけ」


”Boleh saya duduk di sini ?”

「ボレ サヤ ドゥドゥック ディ シニ?」

(ここに座ってもいいですか?)


”Silakan.”

「シラカン」

(どうぞ)

彼はインドネシア語で話し、私たちの前の席に座りました。


"Boleh saya lihat bukunya ?"

ボレ サヤ リハット ブクニャ?

「その本を見てもいいですか?」


"Tentu."

テントゥ

「もちろん」



インドネシア語の意味

apa   何

sedikit  少し

boleh  〜してもいいですか

duduk  座る

lihat   見る



[PR]
by jepunsari | 2015-05-28 13:18 | インドネシア語

f0267058_10141500.jpg
86年、サヌール付近にあった塩田。今はもう残っていないと思います。


"Ketut adalah anak ke-empat."

クトゥット アダラー  アナック  クウンパット

「クトゥットというのは四番目の子供です」


"Anak pertama, namanya Wayan."

アナック プルタマ  ナマニャ ワヤン

「最初の子供はワヤンです」


"Kedua Made, ke-tiga Nyoman, ke-empat Ketut."

クドゥア マデ、 クティガ ニョマン、 クウンパット クトゥット

「2番目はマデ、3番目はニョマン、四番目クトゥットです


"Kalau anak ke-lima, kembali ke Wayan."

カラウ アナック クリマ、 ケンバリ ク ワヤン

「もし五番目の子供が生まれたら、ワヤンに戻ります」

(つまり五番目はワヤン、六番目はマデ、と繰り返す)


"Di sana buat garam."

ディ サナ ブアット ガラム

「あそこで塩を作っています」


"Garam?"

「ガラム?」


"Anda bisa bicara bahasa Indonesia?"

アンダ ビサ ビチャラ バハサ インドネシア?

「あなたはインドネシア語がしゃべれるのですか?」


"Sedikit."

スディキット

「少し」





インドネシア語の意味

anak     子供

ke-empat  4番目

pertama   最初

ke-dua   2番目

ke-tiga   3番目

sana    あそこ/そこ

buat    作る



[PR]
by jepunsari | 2015-05-11 09:31 | インドネシア語

f0267058_11243149.jpg
TOLONG
という単語は助けるという意味です。
「助けてー! 」と叫ぶ時もTOLONGを使います。

助けると言う単語にはBANTUというのもありますが
こちらは手伝うという感じ、お手伝いさん→pembantu のように使います。


〜をして下さい、という場合はTOLONGを使います

tolong ambil kunci.   鍵を取って下さい

tolong buka pintu.  ドアを開けて下さい

tolong tukar uang.   両替して下さい

tolong tulis di sini.   ここに書いて下さい

tolong panggil taksi.  タクシーを呼んで下さい

tolong の後の動詞に接尾詞のKANをつけるように言われた記憶がありますが、
最近はKANよりもINを使ったくだけた言い方が多いようです。

tolong bantuin PR.   宿題手伝って

[PR]
by jepunsari | 2015-05-09 09:35 | インドネシア語
チャーターした車のガイドさんは、話すことをサービスと考える人のようでした。
バリの人から直接、バリのことを聞けたのはラッキーでした。
f0267058_18332618.jpg


”Nama saya Ketut Swasi."
ナマ サヤ クトゥット スワシー
「私の名前はクトゥット・スワシーと言います」

"Tolong tuliskan nama anda di buku tulis ini."
トロン トゥリスカン ナマ アンダ ディ シニ
「あなたの名前をこのノートに書いて下さい」

すると、彼は自分の名前をカタカナで書いてくれました。

"Wah, anda bisa tulis KATAKANA ya."
ワー アンダ ビサ トゥリス カタカナ ヤ
「まあ、あなたはカタカナが書けるんですね」
彼はニッコリ笑っていました。

"Sudah pernah ke Bali ?"
スダッ プルナ ク バリ?
「バリに来たことがありますか?」

"Saya pertama kali. Anak saya ketiga kali."
サヤ プルタマ カリ  アナック サヤ クティガ カリ
「私は初めてです。娘は3回目です」

"Oh tiga kali. Apa senangnya di Bali ?"
オー ティガ カリ アパ スナンニャ ディ バリ?
「おお、3回も。バリの何が気に入りましたか?」

”Saya suka semuanya.”
サヤ スナン スムアニャ
「すべてが好きです」


インドネシア語の意味
tolong   援助/〜してください
tulis    書く
pernah   かつて〜した
pertama  初めて/第1
kali     回/度
ketiga    第3
semua   すべて
suka     好き

[PR]
by jepunsari | 2015-04-26 10:37 | インドネシア語
f0267058_14374747.jpg

インドネシア語でお菓子の事は jajan といいます。
バリ語では jaja(ジャジョ)です。
kue はケーキ、roti はパン。
写真は市場で売られている伝統的なバリのお菓子。


  manisan   アメ キャンディー
 manisan karet   ガム (ゴムのアメの意味)
  coklat  チョコレート
  chiki   スナック菓子の総称 
(メーカーの名前ですが、何故かこれが使われます)


屋台で買うお菓子
屋台で売っているお菓子の多くは午後から夕方の開業が多いです。

pisang goreng
インドネシアでは一般的なお菓子、バナナのフリッターは一個500Rp。
f0267058_19250188.jpg

  terang bulan
明るい月と言う意味のこのお菓子、中味はチョコレート、ナッツなどから選べます
こちらはパンダンで色づけした生地、中はチーズとコンデンスミルク。
f0267058_14382843.jpg

  roti bakar
パンの間にチョコやジャムなどをはさんで焼いたパン。
f0267058_19244512.jpg

pakpao まんじゅう
中味は肉、緑豆のあんこ、チョコレートなど
f0267058_14391492.jpg
 martabak
インドネシア版お好み焼き、と言った感じ
炒めた野菜を卵で包んであります。おかずにもなります。


[PR]
by jepunsari | 2015-04-22 09:06 | インドネシア語