バリ旅行に役立つインドネシア語学習。 80年代の懐かしいバリの思い出を綴ります。


by nenek yoshimi & jepunsari

クバヤ変遷

もうすぐガルンガン、バリの人はこの祭礼に合わせて
新しいクバヤやカインを新調する事が多いです。
お店に行ってみましたが、最近の流行にはついていけない感じ‥
f0267058_16201631.jpg
初めてクバヤを着たのは、ある結婚式の時。
友達のバグースが「義兄が日本人と結婚するから見に来なさい。クバヤは持ってる?」
持っていないと答えると、彼が作ってくれるという。


クバヤとはバリの女性の民族衣装で、ジャワ風のブラウスのこと。
80年代のクバヤの流行と言えば花柄のレーヨン、
スタイルもカルティニか前に胸当てがあるタイプしかありませんでした。
f0267058_18182621.jpg
オールドファッション、アンティークのクバヤ

その後、レーヨンは姿を消し、レースが流行り、
今流行の刺繍がある布、ビーズが縫い付けてある布、手描きの花の布とか
スタイルも襟なしタイプ、後ろあきタイプ、
袖は長袖が七分袖に、そして半袖に、、、書いたらきりがない。
f0267058_16265221.jpg
くるみボタンのカルティニスタイル、レーヨン生地。


バグースが作ってくれたクバヤは深いグリーンの無地。
『誰かに何処で買ったかきかれたら、市場で買ったと答えるんだよ』
と彼に釘をさされたのでした。

結婚式当日、慣れないクバヤとバティックでよちよち歩いていると、
まわりの子供に ”BEBEK”(あひる)とはやし立てられ‥

するとある女性が、「素敵なクバヤね、何処で買ったの?」
と訊いてくるではありませんか!
なんと、それはバグースの奥様でした。。。。。

[PR]
by jepunsari | 2015-07-06 18:23 | jepun のつぶやき