「ほっ」と。キャンペーン

バリ旅行に役立つインドネシア語学習。 80年代の懐かしいバリの思い出を綴ります。


by nenek yoshimi & jepunsari

初めてのバリダンス

インドネシア語ノートが終わって、次の話に行く前に
ちょっと一息、懐古趣味なお話をいくつか‥‥

f0267058_14371877.jpg
86年、ティルタ・サリの看板だったCok Ratih と Gung Sri のレゴン。


私が初めてバリダンスを観たのは、プリアタン村のティルタ・サリ歌舞団。
現在のようにバンジャールなどの集会所で公演があったわけではなく、
マンダラ家の前庭にある門とその前の空間が舞台。
観客は20ほど用意された指定のイスに座って観るシステムだった。
f0267058_17412585.jpg
83年、マンダラ邸(プリ・カレラン)の表門コリアグンの前で踊るチョンドン。


生まれて初めて、何の知識もなく、唐突に観たバリダンス。
鳥肌が立つほどの凄まじさ。
ぜんまい仕掛けのように踊るレゴン、子供が踊っているとは思えなかった。
f0267058_15132079.jpg
86年、ティルタ・サリのレゴン・ラッサム。


85年、ティルタ・サリは初の日本公演を行っている。
場所は国立劇場、ダンサーもいいメンバーが揃っていた。
手元にパンフレットがないので、こちらは朝日グラフ(だと思う)の切り抜き。
f0267058_15040509.jpg

あれから30年、花形だったダンサーも引退してしまったり、
子供のレゴンだった子は頭が変になってしまうし、
月日の流れを感じます。。

f0267058_15054133.jpg
多分、もうバリダンスの公演を観る事はないでしょう。



[PR]
# by jepunsari | 2015-08-22 16:21 | バリ 今と昔 | Trackback | Comments(0)